読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inuyamanekojirouの日記

落語、プロレス、歴史、街歩きが好きな犬山猫次郎が、世間の様々なことを峰打ちにするブログ。

お題:アメニティグッズ、サンダル・雪駄、酔い止め薬

お題「旅行に必ず持っていくもの」

 

【ゲストハウスに泊まるとき】

京都に好きでよく行くのですが、宿泊はゲストハウスに泊まります。

理由はまずリーズナブルということ。

犬山がよく泊まるのは一泊2,000円の宿。

ある程度連泊するとサービスがあったりして更におトクになります。

あと、日本中、世界中からお客さんが集まるから、宿内の交流が楽しい。

フリースペースに誰かいたら話しかけて、一緒に食事に行ったり、酒を持ち寄って酒盛りしたり……

酒盛りでは、くだらない下ネタ話したり、真面目な思想を語ったり、お国自慢だったりと、お互いカタコトの英語で結構話は弾むものです。

このゲストハウスで必要なのは、アメニティ一色。

シャワー完備ではありますが、タオルやシャンプーは持っていかないといけません。

とは言え、夏の暑い盛りだと濡れたタオルも1日でカラカラに乾いてしまうので、荷物も少なくて済みます。

犬山が夏に京都に行くのは、荷物の軽減のためだったりします。

 

【サンダル、雪駄など】

夏に京都に行くので、服装もTシャツに短パン、足元もサンダルや雪駄

 これにリュックを背負ってうろうろ街歩きをするから、ちょっと間違えると裸の大将とあまり変わらない……

よほど地元に馴染んじゃってるのか、よく道を聞かれます。

金閣祇園ならまだしも、イオンや区民◯◯といった地元の人しか行かないところも聞かれたりして。

どんだけ京都に馴染んでんだよ!

しょうがないから、地図で調べて案内したり、もう「わかんないっす」とお断りすることもあります。

京都に限らず、夏はいろんな場所をサンダルで街歩きするので、履き物は頑丈さ重視で選んでます。

 

【酔い止め薬】

旅好きな犬山ですが、乗り物に弱いので酔い止め薬は必携です。

酔い止め飲んで、音楽聴きながら車外の景色を見るのが犬山流のスタイル。

1回、ビール飲みながら乗り物に乗ってみたいのですが、ただでさえ乗り物に酔うのに、自ら酔っ払うことしていいのかよ!  と、ためらってしまいます。

でも、アルコールで感覚が麻痺して逆にいいのかも……

 アルコール以外にも、車中で本を読んだりスマホやパソコンいじったりしたいのですが、5分ももたんやろうなぁ。

「こうしたら、乗り物に酔わん!」

って方法があれば教えてください。

ちなみに、犬山は1円玉4枚で「4円(よえん)」という験担ぎしたいのですが、4が死を意味するんじゃないかと、いまだに踏み切れません。